ブログ

「納税者のために」という視点を

大阪市内の住民投票により、大阪都構想は、僅差ながら否決されました。本日は議員団総会が予想外に早く終わり、自分の府議選の挨拶回りを再開。〈否決〉を残念がる府民は膨大な数になりますね。
この住民投票、大阪市民だけでなく、大阪府民全体にとっても非常に意義深かったと思いますが、負けは負けです。
しかし、私も何度か経験ありますが、全力出して前向きな負け方をしたら、何か必ず得るものがあります。
私は府議選の公約の一つとして、投票率の向上に誠意ある政党と共同で取組む、としました。その大きなヒントが得られました。
また、都構想は、端的に言うと、《納税者から預かる税を上手に使う》手法ですが、納税者のために、という視点を改めて強く持ってまいります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る