ブログ

政治生命をかけた大決戦

午前は、街宣車でひたすらしゃべり続け。いつもより音量が大きかったのは、各地で共産系が辻に立ち、マイクを握っていたからです。しかし、みーんな、原稿を読んでいるのが特徴でした。

午後は、私はマイクを握らず、桃太郎。
その先頭は、此花の地元の大内けいじ市議会議員と、尾田前府議会議員。ホント心のこもった演説でした!!
お2人にとっても政治生命をかけた大決戦。だって、維新の市議会議員は、都構想賛成多数なら、任期は4年から2年弱になるんですから。究極の身を切る改革です。
明日の投票日は、まさに総力戦ですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る